カルシウム

便秘に効果的な乳酸菌

乳酸菌は、便秘に効果があると言われています。
では、なぜ乳酸菌は便秘に効果があるのでしょうか。
それは、乳酸菌はブドウ糖や乳糖を分解する事でたくさんの乳酸を産生すると言われています。

この乳酸菌を多く摂取する事で、便秘の解消に効果があります。
また、乳酸菌は便の水分量の調整の効果もあります。
便が長く腸に滞在する事で、水分が吸収されていくようになります。
健康な時は、水分が約8割になります。

便が排出する時には6割以下になる事があります。
便を排出する時に水分が少ない場合だと便を排出しにくいと思います。
乳酸菌は、便の排出が行いやすいように水分の調整を行います。
その結果、便秘の不快感をなくすと言われています。

そして、乳酸菌は食物繊維が大好物になります。
食物繊維とこれをたくさん摂取する事で便秘の不快感は解消さる事になります。
食物繊維をたくさん摂取する事で、乳酸菌の働きを促す効果があります。
更に食物繊維は消化液では分解されません。

そのため、腸に届けられます。
腸の中は、乳酸菌がどんどんエサを食べる事で増殖する効果になります。
しかし、今は食物繊維が減少しています。
なので、意識して食物繊維を摂取する事が大切になります。
そして、乳酸菌が含まれている食品を摂取しましょう。

このページの先頭へ