カルシウム

乳酸菌とおならについて

おならがくさい原因は、腸にあると言われています。
胃で、消化を行います。
その消化されたものが腸で栄養素の吸収を行います。
そして、老廃物や毒素は、体外に排出されますがこの毒素や老廃物を溜まっておならとして排出されると臭くなります。

それは、腸には善玉菌と悪玉菌があります。
善玉は、別にいいものなのでいいのですがもう1つの悪玉菌を溜めておくと健康にも影響があると言われています。
そのまま悪玉菌が溜まっているのに放置し続けるとがんなどの病気に繋がります。
なので、乳酸菌を摂取する事で悪玉菌を排出する事が出来ます。
その結果、腸内の環境を整えておならが臭くなりません。

このように乳酸菌を摂取するには、どの様にすればいいのでしょうか。
それは、乳製品を摂取したり乳酸菌が含まれているサプリメントを摂取する必要があります。
また、この他にもhttp://omolo.jp/syokuhinn.htmlで紹介されているようなたくさんの食べ物にも乳酸菌は含まれています。
このようにして、たくさんの乳酸菌を摂取する事が大切と言われています。
乳酸菌には動物性と植物性があり、食品によって含まれている種類が違いますので、食事から摂る際は2種類をバランスよく摂ることを心がけましょう。
胃酸に弱いという弱点がある種類が多いため、多くは腸に届く前に死滅してしまいます。
死滅しても役割はありますが、本来の力を発揮させるには生きたまま腸に届きやすい乳酸菌を摂取することが理想です。


乳酸菌は、多く摂取してなんぼの物だと言われています。
なので、乳酸菌を多く摂取しても体には害はありません。
むしろ、体調や腸の環境が整う事で体にいい影響を与える事になります。
ただ、まれに摂りすぎることでお腹が緩くなるhttp://www.opaque-events.com/donnnakeiro.htmlことがあるそうなので、最初のうちは少なめにして様子を見ながら増やしていくと良いでしょう。


このページの先頭へ